精度とスピードのOMR

マークシートリーダー

「OMR」はマークシートの読み取りに特化した装置です。OMRとは、Optical・Mark・Reader(光学式マーク読み取り装置)の頭文字から取られています。スキャナなどに代表される光学式文字読み取り装置、OCRとは異なり、OMRは文字コード化を必要としません。OMRは、決められた読み取り範囲の中にマークが書かれているか、書かれていないかを判別する装置です。このため、スキャナに比べOMRはマークを読み落とすエラー率が格段に下がります。「マークシートリーダー」とは、このOMRのことを指します。
OMRは、光センサが直接マーク位置を認識するため、あらかじめ決められた規則に従って印刷された専用のマークシートが必要です。教育ソフトウェアのOMRは、同社のソフトウェアと組み合わせ販売されています。OMRの購入を検討している方には、利用シーンや目的に合わせてOMRとソフトウェアの組み合わせを同社は提案してくれますので、気軽に相談してみましょう。

誤認識させない為に

本来マークシートは、OMRで読み取るべきものです。マークシートはOMRという専用装置で読み取って初めて、高精度を発揮します。ミスの無い確実な集計を実現させるためには、OMRが必須なのです。スキャナはイメージのデータ化が最大の特長であり、マークの読み取りには向いていません。採点ミスゼロを追求するならば、マークの読み取りにはOMRがベストです。
スキャナや普通紙を使ってマークシート活用をしている人も多いでしょうが、専用機ではないスキャナもしくは複合機では、読み取り精度に限界があります。普通紙を使ってマークシートを印刷すると、印刷時にゴミが付着してしまう場合があります。その場合、スキャナもしくは複合機ではゴミも画像化し、マークとして誤認識してしまうことがあります。その点OMRならば、高速処理の際にも静電気が発生しにくいOCR紙を推奨しているため、ゴミの付着などを防げます。もし誤認識で困っているのならば、OMRの使用を検討しましょう。